イベントレポート&ピックアップ

  • 小
  • 中
  • 大

世界最高のトロンボーンユニット『スライド・モンスターズ』

投稿日: 2022.08.15

中ホール

世界トップのトロンボーン・プレイヤーが集結!2018 年、デビューツアーで“ スラモン旋風” を巻き起こした「スライド・モンスターズ」。トロンボーン4本という最もシンプルな編成ながら、卓越したテクニックで聴衆を魅了する。クラシックやジャズなどジャンルの垣根を超えた至極のアンサンブルをお聴き逃しなく!!


 

——トロンボーン界のトップに君臨する精鋭4人が所沢に集結!
ジャンルレスな音楽や、大半がオリジナル楽曲で構成されるセットリストなど、これまでのトロンボーン四重奏の概念を覆すアンサンブルとエンターテインメント性を兼ね備えた唯一無二のグループ。2018 年のデビューツアーでは、日本のブラス界で“スラモン旋風”を巻き起こし、同時に発表したデビューアルバム「Slide Monsters」はMV 再生回数37万回以上を記録。iTunes チャート、Billboard 総合チャートへのチャートインを果たすなど、世界中から注目を集め、スライド・モンスターズの勢いはとどまるところを知らない! 2020 年、2021 年は新型コロナウイルスの影響で全国ツアーが中止となったが、今回は4年分のパワーを蓄え全国ツアーを開催。所沢ミューズには初出演となる!!

中ホール

2018年に開催された全国ツアーでは”スラモン旋風”を巻き起こした。

 


 

——ジャズとクラシックを融合した最強ユニット結成!
グループ結成の仕掛け人は、常に日本の音楽シーンを牽引する中川英二郎。以前からトロンボーン四重奏でジャズとクラシックを融合したグループを作りたい、という想いを抱いていた。その想いをトロンボーン界のトップに君臨し続けるジョゼフ・アレッシが2014 年に来日した際に打ち明けたことをきっかけにプロジェクトがスタートする。
そして4年の時を経て2018 年にスライド・モンスターズが結成された。他2名のメンバーはトロンボーン四重奏の経験が豊富なアレッシが推薦をして決定。四重奏を結成するにあたって、クラシック音楽を理解しているジャズマンを入れることを一番大切にしたという。そうしてスライド・モンスターズはジャンルに縛られない自由な演奏を可能とした。

中ホール

中川英二郎は2022年、演奏活動40周年&メジャーデビュー30周年の記念イヤーを迎えた。

 


 

——華麗なるキャリアと実力を兼ね備えた豪華メンバー
まず中川英二郎は名実ともに日本を代表するトロンボーン奏者で、日本のテレビから聞こえるトロンボーンの音の7割が彼のものといわれている。アレッシはニューヨーク・フィルの首席でトロンボーン界の“神様”と呼ばれ、尊敬を集める。ジルクスはジャズトロンボーン奏者として世界で1位、2位を争うほど高い技術の持ち主である。アテマはオランダ放送フィルに所属していたクラシック界で活躍するプレイヤーだが、どのようなジャンルにも対応できる柔軟なプレイヤー。
輝かしい経歴と他を寄せ付けない圧倒的な実力を持つ4人が放つ衝撃のサウンドは、聴くものの心をつかんで離さない。

中ホール

2021年10月に “Hitori Monsters”をオンライン配信。メンバーは入国制限で来日出来なかったが収録で参加した。

 


 

——“TRAVELERS”~トラベラーズ~
公演タイトルにもなっている“トラベラーズ”、“旅人たち”を意味するこのタイトルは今回のツアーのために中川英二郎が作曲した新作のタイトルでもあり、「トロンボーン4本のみ、という最もシンプルな編成で、その可能性を最大限に拡張すること」という一貫したコンセプトから、精鋭たちが挑戦する「まだ見ぬ世界への旅」を表している。セットリストにはメンバーが作曲したエスニック調の新曲から、ファンクやベートーヴェンまでユニークな楽曲が並ぶ。今回の公演では時代もジャンルも飛び越えた見たことのない景色を体験することが出来るだろう!!

中ホール

セカンドアルバム“Travelers”はクラシック・ジャズ界から高い評価を受けている

スライド・モンスターズ ジャパン・ツアー2022 “トラベラーズ”
2022年9月17日(土)16:00開場/17:00開演
料金:【一般】全席指定 5,500円 学生(高校生以下)2,000円
【ミューズメンバーズ】全席指定 4,500円
公演詳細はこちら

イベントレポート トップへ
イベントレポート&ピックアップ

ミューズチケットカウンター:04-2998-7777

ミューズ利用受付窓口:04-2998-6000

月刊情報紙「ミューズ」掲載広告募集