季刊誌『InfoMart』

  • 小
  • 中
  • 大

インタビュー

オカピ(ズーラシアンブラス指揮者)【2020年4月4日 公演】

動物演奏家たち総出演のズーラシアンブラスカーニバルが2020 年4 月に開催!
今回はミューズとズーラシアンブラスのWアニバーサリーコンサート。いつもたくさんのアイデアを練っているズーラシアンブラスのリーダー・指揮者のオカピさんがミューズでの思い出とコンサートの見どころを教えてくれました!

2020ズーラシアンブラスカーニバル

小山実稚恵(ピアニスト)イメージ

オカピさん20周年おめでとうございます! 結成からこれまでの思い出は? 最初は、ぼくオカピと金管五重奏のズーラシアンブラスというたった6人で始めたコンサートでしたが、どんどん仲間も増えて今では「ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団」を結成するまでとなりました。言うことを聞かないメンバーたちをまとめるのは毎日が試練の連続…だったような気もしますが、演奏会でお客さんを前にすると大変だったことはすべて忘れちゃいますね!これからも皆さんと一緒にたくさん楽しいことを考えていきたいです。

所沢ミューズでの思い出は? この数年は、夏と大晦日にコンサートを行うことが定番になっていて、ぼくらも毎回楽しみにしていました。特にジルベスター公演はパイプオルガンを弾くレアキャラのオルガンオウルも登場し、60名の動物の仲間が総出演する年に1度の華やかな公演になっています。いつもこの日のために書き下ろされた〝新曲〟をやるので、動物たちはドキドキ…。特に毎年恒例の『動物紅白歌合戦』はダンスも入るので、運動神経の悪い動物たちは冷や汗をかきながら楽屋で必死に練習を続ける…そんな光景が風物詩となっています(笑) 。

今回の記念コンサートの「テーマ」は? ずばり「カーニバル」です! せっかくのミューズ・リニューアルオープン、そしてぼくらの20周年記念ということもあって、何か特別なことをやりたいと考えました。そこで「カーニバル」をテーマに、ヴェネツィアの仮面舞踏会のような雰囲気で演奏会を彩りたいと思います! 普段とは違う動物たちの衣装にもご注目くださいね!

コンサートの見どころは?? 1つめは、ズーラシアンブラスの歴史20年を振り返るべく新曲を用意しています。その名も『ズーラシアン・ヒストリー・エクスプレス』!こちらは、ぼくらより一足先にデビューした四姉妹の「弦うさぎ」の演奏から始まって、ぼくら「ズーラシアンブラス」が登場し、続けて「ことふえパピヨン」「サキソフォックス」「クラリキャット」…などデビュー順にどんどん曲に加わっていくといった趣向で、歴史を振り返っていこうと思っています。

2つめは、大晦日に人気の『動物紅白歌合戦』のなかでも特別人気曲を名場面として再アレンジします! とにかく盛り上がること間違いなしの歌謡曲合戦は、ぜひ大人の皆さんにも楽しんでいただきたいです。

3つめは、新編成の演奏で、いままでにないバリトン(ユーフォニアム) とチューバ、いわゆる「バリチュー」にも挑戦したいと思っています。チューバとユーフォニアムの組み合わせで新しい音色をお聴かせしたい…ということで、ただいま新しい動物「チーター」一生懸命口説き中なんです(笑)。…が、足が速くてなかなか捕まらないのが一苦労…(汗)。
皆様ぜひご期待ください!

【2020年4月4日 公演】

« アートマガジン『InfoMart』に戻る

インタビュー

ミューズ大規模改修工事のお知らせ

ミューズチケットカウンター:04-2998-7777

ミューズ利用受付窓口:04-2998-6000

月刊情報紙「ミューズ」掲載広告募集