イベントレポート

  • 小
  • 中
  • 大

パイプオルガン特別講座を開催しました!

投稿日: 2015.06.16

6月14日(日)、パイプオルガンの魅力に迫り、ミューズのオルガンを知りつくした講師陣による解説が好評の「ミューズパイプオルガン特別講座」を開催しました。講師は、ミューズ音楽アドバイザーの松居直美、ミューズホールオルガニストの梅干野安未(ほやの あみ)が務めました。

今回は『オルガンの仕組み、パイプの種類とその組み合わせ』
パイプオルガンの歴史をひも解き、どのようにして音が出るのか、どのような改良が加えられてきたのか、ということを解説していただきました。

修正
今回の会場はアークホールの舞台上!舞台の底から伝わるオルガンの響きを感じられます。
後半は実際に音を聴きながらパイプの種類などについて学びます。
途中で客席に降り、各々好きな場所で音の聴き比べをしました。
CIMG7027
どのような音色で構成されているのか資料を見つつ、味わうようにじっくりとオルガンの音色を楽しみました。
最後は2階に移動し演奏台の見学です。

CIMG7030
演奏台脇の両扉をオープンし、内部構造も見学しました。
客席からは見えない“楽器の中”にたくさんのパイプが並んでいることに驚きの声が多くあがりました。

 

イベントレポート トップへ