イベントレポート

  • 小
  • 中
  • 大

第2回「避難訓練コンサート」を開催しました!

投稿日: 2018.05.09

2018年5月8日(火)ミューズでは第2回目となる「避難訓練コンサート」を行いました。
今回は、マーキーホールでコンサート中に大地震が発生したという想定での訓練です。
出演は、世界で活躍する日本屈指のギタリスト大萩康司さん。客席には約400人のお客様にご入場いただきました。
所沢東消防署、所沢警察署のご協力のもと、藤本正人所沢市長(所沢ミューズ理事長)の挨拶でコンサートがスタートします。

20180508_1 20180508_2

1曲目は、タレガ作曲『アルハンブラの想い出』。会場には柔らかな雰囲気が漂います。

トークを挟んで2曲目に大萩さんが選んだのは、ヨーク作曲『エマージェンス』。
静かに始まったのち、心かき乱されるような技巧的パッセージが続きます。
そんな中、緊急地震速報が鳴り響き、演奏は一時中断。

大萩さんには舞台上から舞台袖に避難いただき、客席内のお客様の避難も始まりました。

20180508_3 20180508_4

大萩さんも「ギタリスト」と書かれた訓練用のゼッケンをつけ、ミューズ隣の航空公園へお客様と一緒に避難してくださいました。

避難訓練が終わると再びホールに戻り、コンサートを再開。
第2部の最初はモンポウ作曲『コンポステラ組曲』。会場は落ち着いた雰囲気を取り戻します。
最後は横尾幸弘作曲『さくらの主題による変奏曲』で締めくくられる予定が、アンコールを2曲もプレゼントしてくださった大萩さん。(アンコールは『禁じられた遊び』、ディアンス作曲『タンゴ・アン・スカイ』)
約1時間のコンサートで、美しく時に情熱的なギターの響きをたっぷりとお楽しみいただきました。

ご参加いただきました皆さま、訓練にご協力いただきました大萩康司さん、ありがとうございました!

イベントレポート トップへ
イベントレポート

ミューズ大規模改修工事のお知らせ

ミューズチケットカウンター:04-2998-7777

ミューズ利用受付窓口:04-2998-6000

月刊情報紙「ミューズ」掲載広告募集